小学生の勉強・子育て

算数がついていけないなら…RISU算数でやり直そう!

RISU 算数 小学生
パンダさん
パンダさん
RISU算数ってどんな通信教育?
まいさな
まいさな
算数特化の通信教育だよ!学校の算数についていけない・楽しくないという子に使ってみて欲しいな!

 

RISU算数・RISUきっずは、今、ひそかに利用者が増えている算数専門の通信教育です。受講生たちのデータが蓄積されていて、的確な復習問題を送ってくれるタブレットを最大に活かした通信教育だよ。

 

私と息子で実際に利用してみて『算数を苦手から脱出したい子』にオススメしたい教材だと思いました。本記事ではRISU算数・RISUきっずのメリット・デメリットと料金についてわかりやすく説明します。

メリット

算数に特化

名前にも算数と付くように、RISU算数は算数に特化した通信教育です。「算数に強い」だけではなく、算数だけを学ぶために作られた教材なのです。ですので国語・理科・社会に関する問題はないです。

小学3〜4年生になると算数の授業についていけなくなる子がちらほら出てきます。1,2年生では単純な問題が多かったのに対し、理解力が必要な難しい問題(時速問題など)が始まります。算数は唯一積み重ていく科目なので、一度つまずくとその先は理解できません。5年生・6年生の授業を頑張っても問題は絶対に解けないので、勉強が苦手・嫌いになります。

勉強が嫌いな子は「算数が苦手・嫌い」であることがほとんどです。逆を言えば、『算数は得意だけど勉強は嫌い』という子はいません。算数を学ぶことに勉強へのやる気の全てが詰まっていると私は思います。

「うちの子、学校の算数がわかっていないな」と思ったら、RISU算数で振り返り学習をしてみてください。何がわかっていないのかテストしてくれて、そこから問題を解くことができるので効率的です。

わからないところを集中演習

RISU算数は、わからなくなったところから始めることができます。わらなくなったところから始められるのはメリットが大きいです。

RISU算数が届いたらまずは実力を確かめる問題を解きます。その結果をみて、わからないところから集中的に始めることができます。

知りたいところから始められれば、プライドを傷つけることなく復習できます。RISU算数ならばそれが可能です。実力を確かめずに復習する場合、1年生の足し算・引き算からになってしまいます。算数嫌いはプライドの高いこともよくあります。簡単な問題から解き始めると「そんなことはわかっている!」と見下された気持ちになることもあります。

 

実際に、お子さんがどこまで理解できているのか知ることは難しいです。個別指導塾でやり直し学習を教えているプロでないと、すぐにわかることではありません。ですが、RISU算数ならばこれまでの子供たちのデータから、それぞれのお子さんが何を復習するべきか判定してくれます。

RISU算数は、蓄積データから苦手や復習すべきポイントを見極めてくれる

 

幼児でもすぐに扱える

パンダさん
パンダさん
電子機器に弱いので、最初の設定が心配…
まいさな
まいさな
設定はとても簡単だし、使い方は幼児でも説明なしで始められるよ!

RISU算数はタブレットを使った通信教育なので、受け取った後に最初の設定が必要です。ですが設定がとても簡単で、受け取ってから早ければ15分ほどで始めることができます

受け取ってからの手順

①電源を入れて、起動を待つ

②自宅Wi-FiのIDとパスワードを入れる

以上の2点ですぐに始めることができます。Wi-Fiがつながった後に操作方法の手順説明があります。操作自体もとても簡単で、5歳の息子がすぐに理解できるほどです。

最近の子はスマホやタブレットに触れる機会が多いためか、タブレットの扱いに慣れるのも早いので心配いりません。

お父さんお母さんは自宅Wi-FiIDとパスワードさえ用意すれば、あとはお子さんにお任せで大丈夫です。

兄弟がいるととてもお得

RISU算数のタブレットは貰えます。解約するまでに終わらせたステージは解約後も使うことができます

例えば、お兄ちゃんが5年生の内容を終わらせるところまで進めて解約したら、妹も5年生の内容まではRISU算数を使うことができます。(解約後は先生動画の配信などのサポートはありません。)

タブレット教育大手のスマイルゼミでは解約後にデータが消されてしまいます。紙のテキストの通信教育では、一度書き込んでしまったらもう一度解くことはできません。RISU算数ならば解約後もそのまま使える通信教育です。とても良心的ですね。

つまり、下の兄弟は実質無料。この使い方は公式ブログにも書かれています。

表立ってご案内することはありませんが、レッスン動画や過去の問題を組み合わせて、解約されたお子様の弟・妹さんの苦手のピンポイントの対策に使用されているご家庭もあります。

出典:RISU公式ブログ(http://blog.risu-japan.net/risu算数で解約するタブレットの2つのご利用方法

デメリット

どんな教材でもメリットがあればデメリットもあるものです。RISU算数を契約するにあたり妥協しなければならない点を紹介します。

算数だけ

1番気になるデメリットだと思います。RISU算数は、その名のとおり算数だけを学ぶ通信教育です。他の通信教育は4教科(国算理社)全てを学べるものがほとんどです。加えて英語も学べる教材もあります。

RISU算数は本当に算数だけです。

パンダさん
パンダさん
毎月算数だけを進めても他の教科が遅れてしまったら意味がなくないですか?
まいさな
まいさな
算数専門の教材だからこそ助けられる子がいます!

 

私が思うRISU算数の正しい使い方は『学校の算数についていけなくなった子が取り戻す』です。勉強が楽しくなくなる・嫌いになる原因のほとんどが「算数がわからなくなる」です。算数がわからなくて、勉強がつらいものになり、他の教科も勉強しなくなるというスパイラルに陥ります。

算数ができるようなると勉強がつらいものではなくなり、自信が戻ってきます。すると他の科目の勉強の意欲も出てきて、いろいろなことを覚えたり・興味を持つことにもつながっています。算数は勉強嫌いから脱出するための一歩目なのです。

まずは算数から取り戻そう!

タブレット教材

タブレット教材の課題の1つが、『タッチペンに順応すること』ですよね。少し遅れて線が描かれることに慣れていないと書きにくいです。

RISU算数は計算式を書くスペースが用意されています。ですがタブレットには細かい文字が書けないので、計算式が書ききれなくなることもあります。これも面倒くさくて厄介です。

算数では計算するのに途中式などを書くこともあります。それをどうするか悩みどころになります。書きにくいことはやる気を失うきっかけになりかねません。だからと言ってノートや裏紙を用意して計算するにはいちいちペンを持ち替えなくてはなりません。この一手間が面倒くさがりには耐えられません。

タブレットでかけるキャップを使うと良いと思います。途中式などはノートなどに鉛筆で書いて、鉛筆をひっくり返してキャップでタブレットに書き込むのであればそれほど面倒ではありません。タブレットの通信教育で気になってしまう筆圧が弱くなる課題もクリアできます。

料金形態が少し難しい

通信教育は一般的に月額の料金が一定だけど、RISU算数は少し違います。進めた分だけ料金が上乗せされます。

料金の考え方

基本料金(1年分一括) + 毎月の先取りしてクリアしたステージ数分 

スマホの料金と似た考え方です。最近のスマホですと20Gまでは定額で、それ以降も使いたいならば1Gごとに追加料金を支払いますよね。

RISU算数も同じ考え方で、先取りして学ぶことができますが、その分料金が上乗せされます。学校の進度と同じくらいならば基本料金だけですが、先取りするなら追加料金がかかります。

例えば、RISU算数が楽しくてたくさん進めた子ならば、3年生までに6年生までの内容を終えてしまうこともあります。

パンダさん
パンダさん
たくさん使うと高くなってしまうのね。
まいさな
まいさな
一時的に高くなるけど、全体で見るとお得ですよ!

先取りすると利用料は高くなります。ですが6年生までの基本料金を計算すると先取りする方がお得になるのです。

 

金額等の細かいことは次の項でご紹介します。

料金

RISU算数の料金システムについてご説明します。基本的な情報は下記にまとめました。

  1. 支払い方法はクレジットカードのみ
  2. 入会金は0
  3. タブレット代金も0

利用料についてです。基本的な考え方は基本料金+利用料です。

料金の考え方

基本料金(1年分一括) + 毎月の先取りしてクリアしたステージ数分 

基本料金は年額一括33,000円(税込み)です。月額に計算すると2,750円です。

そして利用料です。

1ステージ未満クリア/月 ゆっくり学習 ¥ 0
1.2ステージクリア/月 学校と同じくらいのペース ¥ 1,000(税抜)
1.7~2ステージクリア/月 学校の1.3~1.5倍先取り ¥ 3,000(税抜)
2~2.5ステージクリア/月 学校の1.5~1.9倍先取り ¥ 5,000(税抜)
3ステージ以上クリア/月 学校の2.3倍先取り ¥ 8,500(税抜)(上限金額)

ステージは小学生の内容で94ステージ用意されています。ステージの中に25個の問題シートに分かれていて、1個の問題シートにはいくつかの問題が用意されています。

毎日10~15分の学習で、一般的な速度である月に2ステージ平均で進めていくと、月額は2,750円(基本料金)+3,300円(利用料)=6,050円となります。タブレットの通信教育としては一般的な価格ですね。

まとめ

RISU算数は『算数を苦手から脱出したい子』にオススメしたい教材です。公式ページには、算数が得意な子の先取り学習に最適とあります。確かにその使い方が理想的ですが、私は算数が苦手な子が使うのにとても良い通信教材だと思いました。

RISU算数まとめ

① 算数に特化

② わからないところを集中学習

③ 兄弟がいるならとてもお得

何はともあれ、算数は中学校・高校でも『数学』として学び続けるので、一番重要な科目です。そして、算数に自信が付けば、勉強への抵抗感がなくなって他の科目にも良い影響を与えられます。RISU算数はきっと、算数嫌いから脱出させる助けになるはずです。

こちらのサイトから申し込むとRISU算数を1週間お試しできます。返却する場合は1,980円の手数料がかかります(タブレットが借りられるので保証などのための料金だと思います)。そのまま申し込みすれば返却の料金はかかりません。

実際は年額一括支払いですので、一度どんなものか触ってみる良い機会です。お子さんとの相性もありますのでぜひ試してみてください。

こちらのサイトから申し込んだときには、下のクーポンコードを入力してください。

クーポンコード:ant07a

RISU算数一週間お試しはこちら >>