まいさなが通勤電車で遠くを見据える

まいさな博士の教育・育児の分析結果です

工学博士で元塾講師のまいさなが小学生・中学生の学習習慣や勉強方法についての情報をご提供するブログです

研究者が副業で稼いで研究スキルも向上する方法がブログ

おはようございます!maisanaです。

 

研究者として成長しながら少し稼げる副業があったら良いなと思いませんか?少し怪しい始まりになってしまいました。ですが本当にそうすることができる方法が1つあります。それがブログなのです。

 

私は研究者として働きながら空き時間、通勤時間、自宅での休息時間にブログを書いて収益を得ています。研究者は副業ブログで収益を出しやすいと私は感じています。それは研究者が持っているスキルを活かせるからです。

 

この記事では「なぜブログで研究者のスキルが活かせるのか」「なぜブログで稼げるのか」を明らかにしてその稼ぐ方法をご紹介します。

 

 

 

研究者が副業ブログに向いている理由

私の本業は化学系の研究者ですがブログで教育関係の記事を主に作成しています。もともと教育に関することに興味があるのと、塾講師の経験があったために教育のブログを運営しています。

 

私がブログを運営してみて研究者がブログで副業をすることは有意義であると感じました。それは研究者が普段から使っている能力が活かせるからです。それは「文章力(ライティング力)」と「調査・分析能力」です。どういうことか説明していきましょう。

文章力(ライティング力)

研究者であれば学術論文を書いたことがあるでしょう。学生であってもレポートを書いたことがあると思います。それらは専門家に向けて書くので「わかりやすい」「読みやすい」ということは気にしません。

 

研究資金を獲得するには学術論文とは少し異なります。いわゆる学振や科研費を獲得するための文章では「誰にでもわかりやすく、誰にでもその研究の意義を感じられる文章」で書かなくてはなりません。これが副業ブログに向いている文章力なのです。

 

わからないことや知りたい情報を何で得ていますか?ほとんどの方はインターネットで調べるはずです。そのときには専門家しか理解できないような専門用語だらけの難しい情報ではなく、わかりやすい言葉で要点が抑えられた情報が求められています。

 

わかりやすい言葉を使って端的な文章で情報を提供する。それがブロガーに求められる文章力なのですが、研究者はもともと得意なはずなのです。

 

若い研究者は自分の研究のすごさを伝えることだけに気が向いてしまうところがあります。しかしブログ運営をすることで相手に素晴らしさを伝える文章を習得することができます。研究者がブログを運営することは本業にも良い影響を与えるのです。

 

「ブログで必要な文章力」 ≒ 「研究資金を獲得する文章力」

 

調査・分析能力 

研究を始めるにはまず調査しますよね?自分がやろうとする研究をまだ誰もやっていないことを確認するためです。先行研究があったら少し方針を変えなくてはなりません。研究には入念な調査が必要なのです。

 

ブログも同じです。まだインターネット上に有益な情報がない分野を調査します。そこについて先ほどのライティング力で有益な記事を作成するのです。

 

研究では実験結果が出たら分析・考察をします。得た結果から分析・考察をして、論理を組み立てる。その論理から次の実験をして・・・とサイクルさせていきます。研究分野によって多少の違いがあるかもしれませんが、おおよそはそのようなサイクルで進めていると思います。

 

ブログでも同じです。記事を書いて記事にアクセスがあればその傾向を考察し、次の記事の内容などを考える。ブログ運営は研究と同じで、実験して分析して考察することを繰り返して良いサイトを形成していくのです。

 

「ブログの運営」 ≒ 「研究の進め方」

 

ポスドクこそブログ・アフィリエイトするべき

 

f:id:maisana:20191227104250p:plain

出典:Pixabay

研究者が副業ブログに向いているとしてどうやって稼ぐのか。その稼ぐしくみがアフィリエイトです。

 

ポスドクこそブログでアフィリエイトをして稼ぐことに挑戦するべきです。ここではポスドクがアフィリエイトするべき理由をお教えします。

アフィリエイトって何?

アフィリエイトをWikipediaで調べてみると「成功報酬型広告」と書かれています。

 

例えばあなたのブログでA社のノートPCを紹介したとします。ブログを読んだ人がそのノートPCを購入したらA社から成功報酬として売り上げの何%かを貰うことができます。この仕組みがアフィリエイトです。

 

つまりあなたはブログでA社の営業活動をするということです。 

伝える文章の練習になる

あなたのブログを読んでそのノートPCを買うかどうかはどれくらい魅力を伝えられるか、どれくらい購入意欲を刺激できるかがポイントとなります。

 

その文章力は自分の研究でも使えます。あなたの研究がどれほど魅力的で世の中の役に立つかを伝えることができれば研究資金を獲得することができます。副業ブログでは自分が伝えたいことを読者にしっかり伝える文章を書く練習になります。

 

上手くいけば収益になりますし、収益が発生することはあなたの文章が伝わっているということになります。

研究ではない道の可能性を広げておく

研究室で自分の研究ばかりに集中していると視野が狭くなってしまいます。研究に人生をかけている方はそれで良いのですが、自分や家族の生活がかかっていたら研究だけに集中しているわけにはいきません。

 

落合陽一さんの経歴は研究者から始まっていますが、今ではメディアアーティスト、実業家と様々な肩書きを持っています。未来の働き方は研究者を軸に他の仕事もするのが当然になるかもしれません。その手始めにブログはもってこいだと思います。

 

研究者がブログで副業するためのオススメ書籍

本気で稼げるアフィリエイトブログ

私はまずこの本から始めました。ブログ初心者向けの記事の多くにこの本が紹介されていたので買いました。

 

ブログを始めるための手立てが全て網羅されています。この本さえあれば副業ブログを始めることができます。

 

沈黙のwebライディング

自分のサイト(ブログ)が作れたら読む本です。記事を書くときに何を意識するのか、どんな文章を書くのかがわかる本です。

 

こちらも多くの先輩たちが初心者にオススメする本です。

 

共感SNS

ブログ運営に関する本ではありませんが私がオススメしたい本です。ブログを始めるとTwitterやInstagramなどのSNSも始める方が良いです。それは集客しやすいからです。

 

ブログを始めたばかりは記事を読んでくれる人がいません。少なくとも3ヶ月はほぼ誰も読みません。それをSNSで補うのがうまいやり方なのです。そのテクニックがこの本に書かれています。

 

研究者の副業で気を付ける点

f:id:maisana:20191227103912p:plain

ラッキーエースさんによる写真ACからの写真

研究者が副業する上で気をつけたいことは職場または上司に知られるリスクです。そのリスクは2つあります。

 

リスク① 副業OK?

そもそも副業がありかなしかが所属によって決まりがあるはずです。会社に属している研究者は会社の服務規則に沿うことになると思います。

 

個人のブログによる収益は雑所得になります。講演料やFXの収益が同じ分類の所得です。これらの収入に関して職場はどのようなスタンスなのか知っておくと良いでしょう。いざ稼げたときのことも考えておきましょう。

 

リスク② 副業への理解

ルール的には良くても倫理的に良くないと思う方がいます。高齢の研究者ほど「1つの研究に打ち込むべき」という考え方が強いです。研究者は想像しているよりも人間関係が大切な業界です。狭いコミュニティの研究分野では悪い印象が付くとその分野でやっていけなくなることもあります。

 

同僚の目にも気を付けましょう。同僚が「知らぬ間にお金を稼いでいる」ということは嫉妬が生まれやすいです。

 

「実名でやるか匿名でやるか」の判断は慎重にしましょう。基本的にはコソコソやることをオススメします。少なくとも私はそうしています。

 

研究者はブログで成功したらフリーランスになるべき

在野研究という言葉をご存知でしょうか。大学や会社などに所属せずに研究をすることです。今、一部では在野研究が盛り上がっています。

 

ブログ運営で収益が出たらフリーランスを検討するべきなのです。ブログのアクセス数が増えると収益が増えるのはもちろんです。さらに講演や仕事のオファーが届くようになります。評論家を本業として研究が副業となる生活も想像してみると悪くないはずです。

 

 

まとめ

研究者が副業ブログをする意義が伝わったでしょうか。研究者にとって世知辛い世の中になりそうな今、まずは副業で安心感を得てほしいと思います。その安心感を得たことで研究に没頭できる面もあるはずです。

 

◦ 研究者のライティング力と調査・分析能力は副業ブログで活かせる

◦ ブログの記事作成で魅力を伝える文章を練習できる

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!