まいさな博士の教育・育児の分析結果です。

まいさな博士の教育論

塾講師経験ありで博士号持ちのまいさなが未就学児・小学生・中学生の自宅での学習習慣・受験勉強について考えるブログ

中学生の勉強に親ができること【5つのサポート】

おはようございます!家庭学習の味方、maisanaです。

 

子どもが中学生になって学校についていけるか心配です。

勉強については話したがらないんです。

 

中学生のお子さんが学校の授業についていけているのか心配ではありませんか?中学生は精神的に自立してくる時期ですので勉強の進み具合はあまり親に話さないなんてことがあります。

 

私は博士号を取得して研究者として働いていますが、以前は塾講師を3年ほどやっていました。3者面談を定期的に行っていたので、親子揃ってお話しする機会は学校の先生よりも多かったです。

 

実は思春期に入ると2者面談と3者面談で子供の様子って違うんです

 

その経験から中学生が大人にどんなことを望んでいるのか、子供が伸びる親・伸びない親の共通点をご紹介します。

 

 

中学生の勉強を親ができること【5つのサポート】

f:id:maisana:20191224083529p:plain

oldtakasuさんによる写真ACからの写真

小学生の頃とは違って中学生は自ら勉強していかなくてはなりません。自ら勉強できるようになることで高校生・大学生での生活もうまくいくでしょう。

 

中学生は自立していく大切な時期です。親は勉強をみてあげるのではなくてサポートするように変化していきましょう。

 

親の役割は自主学習の補助をすることです。補助することは簡単なことではありません。この記事では親が意識するべき5つのことをご紹介します。できることから始めてみませんか?

目標の共有

中学生になると学校の成績が高校進学に影響します。ですが、いきなり

 

「どの高校を目指してどれくらいの成績を収めていく~」

「通知表で3.5を超えれば○○高校が狙える~」

 

と言われてもお子さんからすれば勝手に決めないでよ!って話です。目標を問いかけるタイミングは慎重にいきましょう。

 

親にあまり深入りされたくない子だったらさりげなく「何点取りたいの~?」と聞いておき、メモを残しましょう。結果が返ってきたころに「あれ?そろそろテストかえってきたんじゃない?どんな感じ?」とさりげなく聞いてみましょう。

 

中1,2年生では目標に向かって頑張ることを重要視しよう!

定期テストで大切なのは結果でなく過程だよ

 

注意したいのは親が勝手に決めないことです。自分で決めたからこそ達成したいと思えるものです。

 

私の教え子に国語・英語・数学すべて目標点を上回った子がいました。それなのにそこまで嬉しそうにしませんでした。もっと高い点数を取りたかったのだそう。お母さんは喜ぶけど、本人が嬉しくないのではもったいない。もっと上を目指せるはずでした。

 

勉強はほとんどの人にとって苦しいものです。勉強はお子さんが一人でしていても、目標にむけて両親の協力を感じられるとやる気が出てきます

 

選択肢を提供する

中学生は大人の入り口ですがまだまだ子供です。どうしても視野が狭いところがあります。

 

簡単なことでも「こんな選択肢があるよ」と提案してあげることで、お子さんには見えてなかったことに気が付かせてあげることができます。

 

  • 勉強する環境を変えてみる(場所・BGM・筆記用具 etc.)
  • 新しい参考書を買ってみる
  • 塾に行ってみる
  • 通信教材に取り組んでみる

 

何かに行き詰っていたら選ばせてあげよう!

 

 

進路(高校進学)ではどれか選ぶことを迫られます。ほとんどの中学生は自分が行けそうで偏差値の高めなところ、仲の良い友達が行く学校、校舎の綺麗さに惹かれてしまう傾向があります。

 

普通科の高校に進むことだけが道ではないはずです。外国語に力を入れている高校、工業高校、農業高校、芸術高校など学校ごとの特色を教えてあげましょう。

 

大学の進学や将来の夢なども少しは視野に入れさせてあげることも親の役割です。

 

怒らずに叱る

宿題またはテスト勉強をしてないから怒ったという経験がありますか?小学生までは素直に聞いていたかもしれません。ですが中学生になると思春期・反抗期ということもあり小学生の時とは少し勝手が違います。

「怒る」から「叱る」へ変化させよう!

 

怒らずに叱るPOINT

 ◦ 冷静でいること

 ◦ 言葉を選ぶ

 ◦ 理由を述べる

 

私の生徒たちはテスト前に「このままだとお母さんに怒られちゃうなぁ。」とぼやく子もいました。「どうせ怒られるからあまり頑張っても意味ない」と言い出す子もいました。

 

悪循環サイクル

 親が怒る → やる気を失う → テスト結果が悪い → 親が怒る

 

とても悪循環に陥ってしまいます。怒ることが悪いとは言いません。一番良くないのは「怒られるかもしれない」というイメージです。

 

叱るとは「良い方に導くこと」です。「このテスト結果は良くない。次のテストを良くすることを一緒に考えよう。」と声をかけることですね。過去の悪い部分を理解し、次に良くするための方法につなげられるように導きましょう。

 

テスト結果が悪かったときはどこが良くないか事実だけ伝えましょう。「出来が悪い子だ!」などと人格を傷つけることは絶対にしないでください。家族はどんな時も味方であることを知るとやる気にもつながります。

 

金額は気にさせない

大人はコストパフォーマンスを気にします。

「この問題集、2000円もするのに解説が少ないし問題数も少なくない!?」

親が何か不満気な顔をしていたら、お子さんは欲しいものを頼みづらくなってしまいます。

 

中学生が勉強するための問題集を買うときには「なんとなくわかりやすい」とか「レイアウトが気に入った」という感覚で良いと思います。それがやる気に繋がります。

 

問題集のコストパフォーマンスを気にするのは酷です。問題集のコストパフォーマンスは「おこさんの学習意欲」で考えたら高くないです。

 

悩みを聞く

お子さんが悩みや不満を持っているかを親は何となくわかるのではないでしょうか。ですがどんな内容であるかはやはり聞かないとわかりません。また、意外と簡単に解決できることで悩んでいるかもしれません。まずは何か不満があるか聞いてあげましょう。

 

例えば「家では集中できない」とか「テキストの説明が解らない」とか親なら解決できる些細なことで困っていることもあるかもしれません。そのためにはまずお子さんの言葉で困っていることを発してもらうことです。

 

母親に相談しやすいこと、父親に相談しやすいことがあるはずです。ご両親それぞれが気にかけてあげましょう。場合によっては悩みや不満を言葉にするだけで解決することだってあるものです。 

 

中学生の親の関わり方【良い行動・悪い行動】

私が3者面談をしていたときに、成績が伸びている子の親には共通点に気が付きました。成績が伸びない親にはその共通点が当てはまらず、さらには成績が伸びない親の共通点もありました。やはり伸びるためには親の行動が大切です。 

良い行動

発言がポジティブ

自分の子を蔑むことを言わないです。親がポジティブでいられると子供はポジティブになっていきます。ほとんどの子供は「褒めて伸ばす」が効果的です。ポジティブな気持ちでサポートしましょう。

 

長い目で見守れる

次のテストでの結果を欲するのではなく「無事に公立高校に入れたらいいんですけどね〜」など、長い目で見守ることができる。親自身が勉強をする目的が明確にできていると子供を伸ばせます。テストで良い点数をとることはあくまで通過点です。

 

悪い行動

決めつける

見えていないところのお子さんの行動を決めつけているお母さんがいます。これはとても良くないです。

 

またゲームばかりして!」

どーせまだ宿題やってないでしょ!?」

 

「また」や「どーせ」を使ってしまう方は気をつけましょう。お子さんの人格を否定する表現です。息抜きにゲームや動画鑑賞を始めたばかりのところで「また遊んでばかりいて!」というのは絶対になしです。悪い想像を膨らませるのはいけません。

 

思い通りにしたい

お子さんの行動を思い通りにさせたい人も良くありません。指示が細かかったり、こうして欲しいと無理強いしたりするのは勉強をよりつまらないものにしてしまいます。

 

例え好きなスポーツであっても細々と指示されるとつまらなくなるものです。

 

 

中学生の勉強を親が管理してはいけない

中学生は自立心が育つ時期です。できることは自分だけでやりたくなります。親もご自身の中学時代を思い返してみるとそうだったのではないでしょうか。

 

自分がやられて嫌だったことや親にこうして欲しかったという思いがあるのではないでしょうか。きっとお子さんも同じ思いのはずです。

 

中学受験などは親がしっかり勉強に付き合わないとうまくいかないことが多々ありました。しかし中学生は少しだけ大人に近づきました。自立心を尊重し、自分でできることは自分でやらせる親の覚悟も必要です。

 

勉強中に隣に寄り添って見続けることなどはしないようにしましょう。また毎日勉強をしたか聞くことも徐々に減らしていきましょう。我が子を信じることが中学生を伸ばす秘訣であると私は思います。

 

自分で勉強できる中学生の特徴

過保護な親のイラスト(女の子)

目的・目標の達成に向けて頑張れる子は進んで勉強することができます。成功体験を積み重ねることで頑張れる子になります。

 

私が塾講師のときには3者面談で目標の話をします。大目標・中目標・小目標というように目標を段階分けします。スモールステップと言っていましたが、小さな目標をコツコツ達成することで成功体験を積み重ねるのです。

 

自分に少し自信がある子は目標に対して「やってやる」の精神があります。成功体験の多い子は自信を持っています。

 

自分の将来のために勉強することは難しいです。ですが目の前の目標をクリアできるかに焦点をしぼって挑戦する気持ちは成績につながります。

 

競争心がある子は勝つために頑張れます。テストは点数が出るので他の子と比べることができます。自分が一番になるというモチベーションは勉強が捗ります。

 

近年では順位を隠す学校もあります。模試などを受けさせてあげるとさらにやる気が上がるかもしれません。

 

まとめ

中学生の勉強は小学生の勉強と違います。自分が頑張ること以上に子供を頑張らせることは難しいです。『中学生の勉強に親がしてあげられる5つのこと』をご紹介しましたが1つか2つ実践するだけでも良いと思います。お子さんのことを思って頑張る親の姿を子供はしっかり感じているものです。

 

親の頑張りを子供がわかってくれるときは子供が結婚して孫ができて親の気持ちがわかったときです。先は長いです。そこは夫婦または親同士で頑張りを励まし合いましょう。

 

1.目標を共有する

2.怒らずに叱る

3.選択肢を提供する

4.お金の心配はさせない

5.悩みを聞く