中学生の勉強・子育て

数学が苦手・嫌いな子の特徴を解体!苦手な子たちにオススメの本。親にもオススメだよ!

算数が苦手 オススメ本
パンダさん
パンダさん
子供に数学を勉強する意味を聞かれて困っている
まいさな
まいさな
数学を学ぶ理由がわかると少しはやる気になるかもしれないよ

小学4年生くらいから算数の授業についていけず、そのまま苦手になってしまう子は多いです。「中学生になってさらに難しくなったので諦めた」という声も多く聞きます。

 

本記事では、数学が嫌いな子や苦手な子に、読んで欲しい本があるので紹介します。数学への嫌い・苦手な気持ちに少しの変化を感じてもらえる本だと思います。

その前に、数学が苦手な子の特徴や、数学が将来どのように役に立つのか説明しました。なるほどな~と思ってもらえたら幸いです。

数学が苦手(嫌い)な子の特徴・考え方

数学が苦手だったり嫌いだったりする子の特徴や考え方を紹介します。もし自分やお子さんに当てはまる項目があれば、考え方を変えてみると良いかもしれません。

計算の練習量が足りていない

数学において、やはり計算力が大切です。

小学校レベルの計算の練習量が足りていない子は数学にも支障が出ます。テレビやYouTubeを見ながらでも計算問題がほとんど間違えることなく解けるくらいの計算力が欲しいところです。

 

四則計算、分数・小数の計算法則は誰でも理解はしています。しかし、理解しているものの、ちょっと複雑な問題になると混乱してしまうという子もいます。「計算の仕方はわかっているから」と計算問題をたくさん解くことを怠った子が数学でつまづいてしまっていることは多いのです。

 

スポーツにも同じことが言えます。プロ選手でも、基礎練習を大切にして、毎日かかさず行っています。だからこそプロになれるのです。

中学数学において計算練習は大切な基礎練習です。とくに、考え方の間違いは全くないところまで毎日練習しましょう。

足し算や掛け算を間違えてしまう(いわゆるケアレスミス)は多少目をつむってもいいのですが、「掛け算と足し算の順番を間違えた」や「分数の割り算が間違っている」などの考え方の間違いは全くなくしたいことろです。

 

中学生になってからでも遅くないですし、、まだ小学生ならばなおさら計算練習はしっかり積み重ねておきたいですね。

数学を深く理解しようとする

数学ってすごく難しいです。数学を深く理解することは、世界や宇宙を理解する第一歩と言っても過言ではありません。

 

数学を嫌いになってしまう子には「数学とはなんぞや」を考えてしまう子がいます。中学生になるとXやYが登場し、方程式、関数など、複雑な計算をやるようになります。「何のために解いているのかな?」なんて考え始めてしまったら、中学生にはなかなかわかりません。(大人だってわからないのに・・・)

 

小学生までは、現実に近い計算問題を解くことが多かったです。しかし中学では少し高度な部分が少なからず登場します。

「マイナスって現実になくない!?」「方程式って日常生活でいつ使うんだろう?」など、数学が苦手な子に限ってそんな『哲学』が始まってしまいます。普段は数学ことなど考えないのに、テスト勉強期間に限ってそんな哲学を始めてしまうのです。

哲学をしてしまうとわからないことだらけになってしまい、余計に数学が嫌いになってしまいます。

 

「なぜ方程式や関数を学ぶのか」「平方根とはなんぞや」を考えても、中学生では答えに辿り着かないでしょう。ましてや、数学に否定的な子が考えたら「結論、数学は私の人生にはいらない」となっておしまいです。

中学数学はあまり深く考えず、公式を覚えてテストで使うだけ。それでいいのです。

数学は現実に役に立たないと思っている

『方程式、関数なんて普段の生活で使うタイミングないよ!』

数学が嫌いな子はみんな思っています。嫌いではなくても、数学が役に立つ場面ってどこなんだろうと疑問に思う子もいます。

 

それはおっしゃる通りで、中学生で習う数学は現実では役に立ちません。正しく言うと、『中学数学はまだ、現実では役に立てません』

冷蔵庫、電子レンジ、エアコン、テレビ…電化製品は数学なしに完成することはありませんでした。スマホだってそうです。

世の中の便利なものはほぼすべて数学のおかげで完成に辿り着けるのです。それは中学数学だけでは到底計算しきれないような複雑な計算で行われるのです。

 

中学数学はまだ現実で使うレベルには達しておりません。数学を現実世界で使うようになるのは、少なくとも高校数学からです。

 

中学数学はまだまだ基礎中の基礎です。数学とは何ぞやということを理解しようとせず、「答えを導き出すための公式を覚えて使えるようにする」これだけやれれば十分です。

数学を学ぶ理由

これまで数学が嫌いな子の特徴や考え方を紹介してきました。数学が苦手な子こそ、数学を理解しようとしてとても複雑に考えてしまうのです。ですがそれはとても大切な時間を過ごしていると私は思います。

 

スポーツや芸術の世界でよく使われますが、「ブランクにおちいる」と聞いたことありますか?

これまではうまくいっていたのに、ふと「このままでいいのか?」「普段気にしてなかったけど、これが最適なのだろうか?」と深く考え込んでしまって、うまくいかなくなる状態のことを言います。

深く考えたときにブランクにおちいることが多いのです。深く考えずに目の前のことに集中している時は案外うまくいきます。ですが、一度ブランクにおちいって、復活したときはとても成長します。ブランクが一概に悪いとは言い切れないと思います。

 

小学生や中学生で算数・数学を嫌いになってしまう子は、数学に対してブランクにおちいっているのと同じ状態なのです。そして、ブランクから抜け出せずにそのままにしてしまう子が大多数であることも事実です。

 

 

数学は好きじゃないし苦手だから数学とは関係のない仕事に就こうと考えている子もいると思います。

上記でもちょっと触れたように家電製品やスマホなどの電子機器は数学なしには成り立ちません。これは大学レベルの数学の話です。残念ですが、中学数学はその手前の話なのです。

 

数学とは関係のない仕事はたくさんあります。数学とは無縁の世界もあります。

ですが、小学生の指導要領などにも最近表れるようになった「論理的思考」からは逃げられません。

仕事では、売り上げやトラブルなどの成果や問題に対して、「なぜ?」という原因を突き止め、対策を考えます。これには論理的思考を必要とします。社会人にあると便利なスキルであるプログラミングでも論理的思考を使います。

最低限中学数学はできた方が良い理由は「プログラミングを学ぶ下地」となりえるからです。

中学数学程度が理解できるくらいの論理的思考力があると、いざ、プログラミングの仕組みを理解しようとしたときに、早く覚えることができるでしょう。

 

 

数学は世の中の重要な位置にありますが、皆ができる必要はありません。ですがプログラミングが英語と同じくらいの価値がある現代です。

中学数学が理解できるくらいの論理的思考力は、社会人になる将来に必ず役に立ちます

 

オススメの本


大人に向けた中学数学の本ですが、マンガなので中学生にもオススメです。親子で読んで頂ける内容になっています。

 

著者の端野洋子さん自身の個別指導の先生としての経験を活かして書かれたマンガです。数学が特別できるわけではないけれど、わからない子に教えることには自信があると先生はおっしゃっていて、確かにわかりやすかったです。

 

「家庭教師が憧れのアイドルだった」という、まさに少女漫画な設定です。参考書というよりは「中学数学の考え方」を知ることができる良本です。

「数学って面白くないんだよな~」と思い始めたお子さんやそのご両親に読んでもらいたいです。勉強の息抜きに読んでみるのにちょうど良いと思います。

 


中学数学が苦手な子は計算力も少し不足していることがあります。それなのに、本人は計算力に問題ないと思っている子がとても多いです。

「計算法則は知っているけど、ちょっと複雑な計算問題になると自信がなくなる」という子が要注意です。

そんな子には大人用の問題集が良いです。中学生は自尊心が高まる年頃です。小学生向けの参考書を使うというのはとても抵抗があるのです。




まとめ

数学が苦手(嫌い)な子の特徴と、そんな子に向けたオススメの本を紹介しました。

数学について深く考えることは高校生・大学生になってからです。中学数学は基礎中の基礎を身に付けるところなので、「なぜ!?」などは考えず淡々とパターンや公式を覚えて問題を解くことだけに注力しましょう。

なんだかよくわからなくても、「〇がもらえればそれで良いのだ」と軽い気持ちで行きましょう。