息子(5歳)の子育て

幼児の鉛筆デビューにおすすめ!鉛筆の練習は意外な効果もあるよ!

幼児 鉛筆 練習
パンダさん
パンダさん
子供が初めて鉛筆を使うときは大人と同じもので良いの?
まいさな
まいさな
鉛筆の持ち方が自然と身につく『こどもえんぴつ』がオススメだよ!

1〜2歳でお絵描きをはじめて、3〜4歳になったら鉛筆を正しく持つ練習がオススメです。お子さん独自の持ち方になってしまう前に正しい持ち方が身につく『こどもえんぴつ』を使ってはいかがでしょうか?正しい持ち方は文字を書く以外にも良い効果があります。

『こどもえんぴつ』をおすすめする理由と私の息子の事例をご紹介します。

こどもえんぴつとは

鉛筆の形は?と聞かれると六角形や円形をイメージする方が多いと思います。鉛筆の芯の形を整えるためにくるくる回しながら使うのに適した六角形や円形になっています。

幼児の場合は、まだ手先がうまく使えないので大人用の鉛筆ではどこに指を置いたら良いのかわからなくなってしまいます。細すぎるのも握りにくい原因です。

まだ鉛筆に不慣れな2〜3歳の子は「書きにくい」と思ったらグー握りに戻してしまいます。少しずつ練習を重ねて正しい持ち方が書きやすいことに気付かせてあげるのが近道です。

『こどもえんぴつ』は三角形で太くて短い鉛筆です。こどもえんぴつをオススメする理由が「三角形・太い・短い」という3つの特徴を持つことです。


こどもえんぴつのメリット

こどもえんぴつの特徴は「三角形・太い・短い」です。それぞれの効果を説明します。

三角形は自然と正しい持ち方になる

鉛筆の正しい持ち方は3本の指で持つことになります。人差し指と親指でつまみ、中指の第一関節あたりで支える形です。

こどもえんぴつは三角形なのでそれぞれの辺に指を当てるのがわかりやすいのです。持ち方がおかしいと角が当たって痛いので、「何か違うな」と違和感を感じます。繰り返し使うことで自然と正しい持ち方になります。

太い鉛筆は持ちやすい

2〜3歳ですと細かいものを掴むのに苦労します。親指、人差し指、中指の「3指でつまむような動作」も上手ではありません。

鉛筆を持つのは「3指でつまむような動作」になるので、太い鉛筆の方が指にフィットさせやすいのです。つまり太い鉛筆は持ちやすいのです。

短くて動かしやすい

こどもえんぴつは通常の鉛筆よりも短いです。短い鉛筆と聞くと早く使い終わってしまうので損したように感じます。そうではなく、この短さが初めて鉛筆を持つ幼児に寄り添っているのです。

鉛筆の使いやすさには鉛筆の重心が関係しています。鉛筆の重心とはわかりやすく言うと真ん中のことです。鉛筆を持った手から鉛筆の真ん中のが遠いほど動かしにくくなります。つまり長すぎる鉛筆は使いにくいのです。

鉛筆を持つときは削った部分の近くを保ちますよね。そして文字を書くときには指や手首を使って鉛筆を動かします。大人は親指の付け根が重心に届きますが、手が小さい子供は親指の付け根が重心に届きません。短い鉛筆を使うことで余計な部分がなくなり動かしやすくなるのです。

鉛筆を正しく持つ意味

パンダさん
パンダさん
3歳〜5歳で鉛筆の練習をしなくてもいいのでは?
まいさな
まいさな
この時期だからこそ鉛筆を正しく持たせてあげよう!

「3歳〜5歳はまだ未就学なんだから鉛筆を正しく持たせなくてもいいのでは?」と思う方もいるでしょう。それは逆なのです。創造性豊かな未就学時期だからこそ鉛筆を正しく持つ意味があります

3歳〜5歳くらいではお絵描きへの対応が分かれてきます。紙とクレヨンを渡すとすぐ書き始める子もいれば、手が進まない子もいます。この違いはなんなのでしょうか?

いくつかの理由が考えられます。1つに「自分がうまく描けるイメージが湧かない」があります。

例えば人の顔を描くとしても、顔の輪郭で丸描いて、髪の毛で線を描いて、口は曲線で…と色々な形の線を描がなければなりません。「描ける気がしない…」となってしまってはお絵描きの手が進みません。

鉛筆を正しく持ち、上手く線が描ける自信があればどんどん描き進めることができます。そして描けば描くほど上手くなり、描けば描くほど創造性豊かな絵が描けるようになります。

息子がこどもえんぴつ使った感想

きっかけは3歳くらいの頃にKUMONに通ったことでした。入塾のセットとして鞄や筆記用具やらもらったときに「こどもえんぴつ」が含まれていました。

はじめは鉛筆で線を引く練習から始めていました。真っ直ぐ上から下へ、くにゃくにゃした線、うずまきなど一歩道の迷路を毎日書いていました。

こどもえんぴつをもらったばかりの頃は持ち方が毎日違いました。正しい持ち方を教えてあげても「これでいいのー!」と言って直すつもりはなさそうでした。

あまり強く注意することもなく、一言だけ「こう持つんだよー」と伝える日々を続けました。従わない日もありますが、聞く耳を持つ日もあります。徐々に真っ直ぐの線が上手くなっていきました。すると不思議なことにこどもえんぴつを使っていると教えた通りに素直に正しく持つことも増えていきます

引っ越しする都合により3ヶ月程度で息子はKUMONを辞めてしまいましたが、その3ヶ月のおかげで鉛筆を正しく持てるようになりました。習い事としてはすぐに辞めてしまったけれど「通って良かったよね」と妻と事あるごとに話しています。

先にも説明しましたが鉛筆が正しく持てると色鉛筆やクレヨンでも上手に線や丸を描けるようになります。息子は線がうまく書けるようになってから劇的にお絵かきすることが増えました。幼稚園の先生からも「お絵描きの時間に描き始めるのが早くなりました!」と褒めてもらえました。

鉛筆を正しく持つ良い効果について話しましたが、何よりお絵描きが楽しめているのだと思います。また、親や祖父母が何を描いているかわかるので、親もや祖父母も見ていて楽しいし、本人も褒められるし何を描いたか伝わるので楽しめていると思います。

誰かの誕生日や母の日、敬老の日などに「何かあげたいね」と息子に話すと絵を描いてプレゼントするようになりました。とてもほっこりした気持ちになります。

こどもえんぴつ4点セットがオススメ

こどもえんぴつだけではなくて付属品もセットで使うと正しい持ち方になるまでがスムーズになります。

「もちかたサポーター」はとくにオススメします。三角形で持ちやすいこどもえんぴつでも慣れるまではどこに指を置いたら良いかわかりません。そこで「もちかたサポーター」を鉛筆に取り付けると人差し指の位置がすぐにわかります。それによって中指と親指の位置も自然とわかるのです。

「三角えんぴつホルダー」は要するにキャップです。これは必要・不必要が分かれそうです。

三角えんぴつホルダーのメリット

①筆箱の中で芯が折れない
②鉛筆を最後の方まで使える

柔らかい筆箱を使っていたり、頻繁に持ち運びする場合は芯が折れてしまうこともあります。元々が短い鉛筆なので2〜3回折れるとだいぶ短くなります。鉛筆使用時にキャップを鉛筆の後ろに付けることで短くなってしまった鉛筆も最後まで使うことができます

こどもえんぴつは6本入りですが、思っているより減りが早いです。実際、息子の場合はホルダーを使ってもう少しで6本使い切るくらいで通常の鉛筆でもうまく書けるようになりました。「芯が折れない+最後まで使える」というメリットにあやかったので満足しています。

「鉛筆削り」は意外と盲点です。既に持っているから大丈夫と思ったら「太さが合わない」なんてこともあります。通常よりも少し太くできているので、対応しているだ鉛筆削りが必要です。


まとめ

こどもえんぴつはお子さんの鉛筆デビューにオススメです。大事なことは『三角形、太い、短い』です。我が家は公文式に通わなければ知らないまま普通の鉛筆から始めてしまうところでした。ご参考になりましたら幸いです。