まいさなが通勤電車で遠くを見据える

まいさな博士の教育・育児の分析結果です

工学博士で元塾講師のまいさなが小学生・中学生の学習習慣や勉強方法についての情報をご提供するブログです

高い集中力で勉強できる椅子!買うだけで良いオススメの椅子を紹介!

おはようございます!maisanaです。

 

お子様の集中力をアップさせて受験勉強をはかどらせたいですよね。そのためには体に合う良い椅子が必須です。体に合った椅子を選んで高い集中力を発揮させましょう。

 

この記事では買うだけで高い集中力を発揮できるオススメの椅子をご紹介します。なぜ集中するには椅子が大切であるのかも解説していきます。

 

 

 

正しい姿勢になれる椅子を選ぶときの3つの基準

人は作業に集中すると身体に負荷がかかっていても忘れることができます。それは正しい姿勢でなくてもある程度は集中できてしまうということです。長時間集中を維持するためには始めの姿勢が大切です。

 

勉強をするときに身体の姿勢に気を使う人は意外と少ないです。お子様が勉強を始めるときにはまず正しい姿勢をとると良いです。そうすることで長い時間そのままの姿勢で集中して取り組むことができるのです。

 

高い集中力を維持する姿勢は身体にマッチした椅子で決まります。そこで椅子を選ぶときの3つの基準と理由を紹介していきます。

 

背筋

人は正しく立っている時の姿勢が背骨への負担がもっとも軽減されます。椅子に座っている時でも腰から上の上体は立っている時と同じにすれば腰や肩への負担が小さくなります。つまり背筋を伸ばした姿勢が座っているときも正しい姿勢なのです。

 

正しい姿勢で座れる椅子のポイントは下記です。

 

◦ 深く座っても膝裏に座面が当たらない

◦ 腰のあたりに背もたれが当たる

◦ お尻全体に体重がかかる

 

これらのポイントを満たすことでお子様の集中していられる時間が長くなって勉強がはかどります。

 

ひじの角度

肩の負担を和らげるにはひじの角度が重要です。ひじの角度は基本的に90° を目指すようにします。

 

勉強するときには机にひじをつくことになりますよね。背筋を伸ばしたまま文字を書くときにひじが90° になるように椅子の高さを調節します。ちなみに高さを変えられる机があると椅子と机の正しい関係をつくりやすいです。

 

足の裏

足の裏をしっかりと地面につけること。これは意外と抜けているのではないでしょうか。

 

足を浮かせてしまうとおしりと太ももの裏に全体重が乗っかってしまいます。それは身体の一部に負担がかかってしまっていることになります。

 

足が座面に平行になるようにして、膝を90° 曲げた状態で足の裏がしっかりと地面または足置きに着くようにします。これでおしりの負担を大きく軽減することができます。

 

足の裏を地面に着いても体を支えている実感はないと思います。足は歩く時に全体重を支えています。思っているよりも足は力持ちなのです。少し地面に触れているくらいの気持ちであったとしても、足の裏が地面に着いているのと着いていないのではおしりや腰への負担が大きく異なるのです。

 

買うだけで解決!オススメの椅子

正しい姿勢となるための基準を細かく説明してきましたが「基準に沿って選ぶのは大変」、「基準を満たせているかわからない」という方のために私のオススメを紹介していきます。これを買ってしまえば正しい姿勢で勉強に取り組むことができますよ。

 

RIZKIZ 木製 キッズチェア

インターネットで「小学生 椅子」などで調べてみると類似品がたくさんあります。その中で私がこちらの椅子オススメする理由は座面と足置きの可変段数が多いからです。

 

座面可変段数 :6段

足置き可変段数:5段

 

さきほどの基準でもご説明しましたが、正しい姿勢にするためには「ひじの角度を90°にする」「足の裏でしっかりと踏ん張れる」ことです。そのために座面と足置きの調整をします。

 

小学生は成長期です。身長が伸びる度に椅子を買い替えるのはお金もかかりますし、タイミングを逃しやすいです。調整段数が多いものを選んで、成長しても高さを調整するだけで正しい姿勢を保てる椅子を私はお勧めします。

 

市場 イイトコ 子供チェアー JUC-2877BR

RIZKIZのキッズチェアのワンランク上の商品と思ってもらったら良いです。安い買い物ではないので悩むところですが材料や機能がすべて上位のモノとなっています。中学または高校入学後も使うことを考えたらこちらの椅子が良いですね。

 

材質:オーク材

座面:ウレタンフォーム、ポリプロピレン100% 

座面可変段数 :8段

足置き可変段数:7段

 

 

 

なぜ集中できないの!?集中するには座る姿勢が大切!

勉強するときに立ったままという方はいないと思います。ほぼすべての方が座って勉強することでしょう。長く勉強できるということは長く座っていられるということと同じなのです。そのことをご説明しましょう。

f:id:maisana:20191216132458p:plain

みなさんは勉強や仕事をしていて「疲れた~!」や「肩凝った~!」と感じたことがありますでしょうか。そのときのことをよく思い出してほしいのですが「何に」疲れましたか?

 

勉強や仕事に疲れたのではありません。勉強や仕事をしているときの姿勢が悪かったので身体の一部に負担がかかり、あるタイミングでそれに気付かされたのです。

 

作業に集中していると身体の疲れには気が付かないものです。もし正しい姿勢でないのなら、本来よりも早く集中が途切れてしまうでしょう。それはとてももったいない。

 

集中力を長く維持するためには正しい姿勢で座ることが大切なことです。これから受験勉強をするお子様のためにも正しい姿勢になれる椅子を選びましょう。

 

まとめ

正しい姿勢で座ることが集中力を高める理由と椅子選びの基準をご紹介してきました。

 

◦ 集中力を持続させるためには座る姿勢が大切

◦ 座る姿勢を正すためには椅子選びが重要

◦ 椅子を選ぶ基準は3つ「背筋・ひじの角度・足の裏」

 

これからのお子様の受験勉強にお役に立てれば幸いです。