まいさなが通勤電車で遠くを見据える

まいさなが通勤電車で遠くを見据える

通勤電車は考えごとするほかないよね~(゚∀゚) 勉強・教育・研究・育児についての考えごとを綴る自己ブランディングブログです

普通の男がいないとかいるとか【恋の悩み】

恋愛のイラスト(学生)

おはようございます!maisanaです。

 

男女関係および恋とか愛とかについて書くのは初めてです。

 

なぜそんなことを書きたくなったかと言うと、シロクマさんの記事を読んだのがきっかけです。

「普通の男」を求める人には、恋なんてノイズみたいなもの - シロクマの屑籠

 

そこから元ネタのminami_itさんのnoteも気になって読んだら、思ったことを書きたくなりました。

恋する以前に普通の男がいないという悩み|minami_it|note

 

なんだかんだ、この手の話をするのは好きなんですよね。

 

 

普通の男の条件とは

元ネタはタイトルの通り、恋をする前に「普通の男」がいないよね〜というお話。

「普通の男」の最低条件(?)がリスト化されており、それさえもできる男はあまりいないと嘆いておられます。

男としてというよりは大人としてこれらができないと社会人として働いていけなくない?と言った意図だったでしょうか。

 

 

まず、私はこのリストを満たすことができていない。

私の感覚ですが、この項目をすべて卒なくこなす男はかなり少数ではないだろうか。

このリストを満たせる男はとてもデキる男だと私は思います。

逆に言えば、男ってそんなもんではないでしょうか。 

 

 

関係ないが、どうしても言いたい偏見がある。

このリストを満たす男性を「普通」と言う女性はバチェラーやテラスハウスを好んで観ているに違いない。笑

 

 

そろそろリストが気になってきたのではないでしょうか。

私は元ネタにリスペクトを表し、引用はいたしません。

ぜひ、元ネタを覗いて頂きたいです。

恋する以前に普通の男がいないという悩み|minami_it|note

 

 

普通の男の条件リストは、わりと細かい部分について書かれている。

本当に全部満たさなくてもminami_itさんのご友人たちと付き合える可能性はあると私は思っています。

しかし、その細かいところが気になるくらい大きく不足してしまっている部分があると私は推測している。

 

それは、「尊敬できるところ」だ。

 

男性は女性から尊敬または憧れる存在でなければ恋愛対象になれないと思うんですよね。

それは全てが完璧な英国紳士みたいになるということではなく、仕事がデキることや包容力があること、夢を無心に追いかけていることなど何か1つ尊敬できるところを備えている必要があるだろうと私は考える。

まあ、夢追うミュージシャンはあまりウケる時代じゃないかもしれませんが…

 

男を磨く 

男は女性への対応を若かりし頃に様々な失敗を繰り返して学んでいきます。

私も恥ずかしい失敗が山ほどある。

 

 

しかし、今の若い男性はそのような失敗さえできないのではないでしょうか。

それは意気地がないとか草食系だとかの話ではなく、余剰な知識があるからだろう。

 

その余剰な知識とはセクハラに関するものだ。

 

 

語弊を与えそうなので説明をしておきたい。

現代はインターネットでいくらでも情報が手に入るし、個人の意見に触れることもたくさんできる。

若い人もニュースやSNS上で大人が取り上げている事柄を良く見ているものなのです。

そこで、セクハラに関する知識がどんどん仕入れられていくが、情報が溢れすぎてどこからがセクハラなのかわからない男子は女子には触れないことが無難であると判断するのではないでしょうか。

 

 

今はお金のない学生であっても、楽しめるエンターテイメントが山ほどある時代です。

思い通りにならないし、なんだかわからないがセクハラのリスクがある女性との交際よりも優先すべきことがたくさんあるのだ。

www.maisanakamone.com

 

 

私も含まれているが30歳以上の男性が学生の頃には、インターネットがそれほど面白いものではなかった。

まだ、彼女を作るとか合コンするとかの方が楽しいと感じる男が多かったのではないでしょうか。

また時代としても、彼女がいる方が勝ち組でしたし「彼女いない歴」なんて言葉が使われていました。

 

 

今の若い男性・男子にとって、女性と付き合うための自分磨きは後回しになってしまうくらい他に面白いことがたくさんある。

そして、社会人になって彼女欲しいかもと思ったときには、出会うためのハードルが高くなってしまっている。

 

 

つまり、

 

 

若いうち(とくに中学生・高校生のうち)に恋愛も頑張っておけ!若者男子!

 

ということだ。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。