研究者父さんの熟考ブログ

まいさなが通勤電車で遠くを見据える

通勤電車は考えごとするほかないよね~(゚∀゚) 勉強・教育・研究・育児についての考えごとを綴る自己ブランディングブログです

雑記ブロガーはセレンディピティが大事だよね

おはようございます。maisanaです。

 

私は雑記ブロガーに分類されます。

一応、私の場合は勉強についての考え方や取り組み方がメインなんですねどね。

 関係ないことも書いているので自称雑記ブロガーです。

 

そんな私たち雑記ブロガーが大切にするべき能力、セレンディピティについてお話しします。

セレンディピティとは

セレンディピティって聞いたことありますか?

あまり聞き覚えのない言葉でしょうか。

ほとんど使われていない言葉だと思います。

まずは言葉の意味を調べてみましょう。

セレンディピティ英語serendipity)とは、素敵な偶然に出会ったり、予想外のものを発見すること。また、何かを探しているときに、探しているものとは別の価値があるものを偶然見つけること。平たく言うと、ふとした偶然をきっかけに、幸運をつかみ取ることである。

出典:Wikipedia

だいたい掴めたでしょうか。

 

「ブログで書くネタがないよー」なんてTwitterでも見かけます。

これは特化ブログでもあることなのかもしれませんが、ブログで書くネタがなくなることってありますよね?

そんなときに大切にしたいのがセレンディピティ」なのです。

雑記ブログにおけるセレンディピティ

雑記ブログでは思い付いたこと、気が付いたことを書いていくことになります。

通勤や日常生活で「なんで○○は××なんだろう?」と気付くことが記事のネタになります。

それも一種の「セレンディピティ」です。

普段からやっていることですよね?

 

今回お伝えしたいのは、さらに深堀りしてほしいということです。

1つのブログ記事のネタを見つけて書いている途中に「なんで○○は××なんだろう?」と新たにネタを見つけてしまうのです。

それこそが今回お伝えしたい「セレンディピティ」なのです。

 

日常生活からこれを記事にしたら読者の役に立つかもしれないと気付き、書き始めると思います。

その記事を書いている最中に、記事を書くことだけに集中しないで「セレンディピティ」を発揮するのです。

 

あまり興味ないことで記事を書くことはツライです。

記事を書きながら「セレンディピティ」を意識して次のネタを見つける余裕を持ってみるのはいかがでしょうか。

心に余裕ができるし新しいネタが見つかるとなると、一石二鳥です!

 

科学のセレンディピティ

科学では「セレンディピティ」が非常に重要なことなのです。

科学者は研究を進めるとき、その結果何が得られるのかをはっきりとさせてから研究を始めます。

いわゆる目的というものです。

目的なしでは研究を始められません。

 

研究とは誰もやったことのない新しいことに挑んでいるので、研究の途中では思いもしなかった発見があるのです。

そのことにすかさず気付けるかどうか、つまりセレンディピティが研究者の大切な能力なのです。

目的を持って研究することが第一ですが、その途中で新たなことに気がつくことも研究なのです。

 

世の中にはセレンディピティから生まれた大発見はたくさんあります。

そのうちの1つが、レントゲン写真を撮るときに用いるX線です。

ヴィルヘルム・レントゲンは陰極線の研究をしていました。(陰極線はブラウン管テレビに使われる技術)

ある日、レントゲンは陰極線が大気中に出てこないことを確かめようとしました。

すると陰極線とは違う不思議な線が出ていることを発見しました。

そこで奥さんの手にその線を当てると、皮膚や筋肉を透過して骨と指輪が移ることを発見しました。

これがレントゲンの始まりです。

レントゲン夫人の手のX線写真(出典:https://www.kantei.go.jp/saigai/senmonka_g51.html

 

他にも多数の大発見がセレンディピティから生まれています。

 

あとがき

セレンディピティという言葉は主に科学業界で使われる言葉です。

私は「同様のことがブログでも言えるのでは?」と思い、この記事を書きました。

 

セレンディピティを知る前から、偶然を大切にしているかもしれません。

しかし、「偶然」という言葉では自力の発見と思えなくないですか?

「これはセレンディピティで得たことだ!」と思えば、X線と同じくらい大発見に感じられるのではないでしょうか。

そうやって、少しでも自分を肯定してくことがブログを続けることの幸せにもつながります。

 

ブログで稼ごう稼ごうと思っているとPVが伸び悩んでつらくなることがあります。

書くネタを見つけた時は「セレンディピティ」を思い出して、自分の大発見にウキウキしながら記事を書いてみてください。

共にブログを続けていきましょう!!

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。