研究者父さんの熟考ブログ

まいさなが通勤電車で遠くを見据える

通勤電車は考えごとするほかないよね~(゚∀゚) 勉強・教育・研究・育児についての考えごとを綴る自己ブランディングブログです

ブログのアクセスを増やすには?新商品開発の手法を応用しよう!

おはようございます。maisanaです。

 

正直私のブログは全くアクセスが伸びていません。

でもまだまだ初心者ですし、稼ぐために始めたというよりは自分の想いを文章にする練習だし、共感してもらえる人が少しでもいればいいんだぁ。

なんて思っていました・・・

 

でもやっぱり、バズる記事も1度でいいから書いてみたいなぁ。

å°æ¥ã®ãã¨ãèãã人ã®ã¤ã©ã¹ãï¼ç·æ§ï¼

 

そんな私が、仕事の関係で中小企業向けの新商品開発の講座を聞いてきました。

「ふむふむ、新商品はそうやって開発を進めるんだな~。」

「勉強になるなぁ。。」

「でもなかなか実践させてくれる企業さんなんていないぞ~。。。」

 

「あれ!?」

 

「この手法ってブログの記事でも同じことが言えるかもしれない!」

「よし!自分のブログで使ってみよう!!」

f:id:maisana:20190726113135p:plain

 

てなことで、今この記事を書くに至っています。

この新商品開発の手法を応用してアクセスを伸ばそうという新たな試みを、私自身がしていきます!

 

その前に、まずは私が学んできたことをまとめていきたいと思います。

 

ブログのアクセス数が伸び悩んでいる方も、ぜひこの記事を実践していただき、共にアクセス数UPを目指しましょう!!

 

 

ブログアクセスUPの基礎知識

さっそく商品開発からアクセスUPへの手法を書きたいのですが、先生からもまずは知識の基盤をつくることが大切であると言われました。

そのことを肝に銘じて、まずは基礎知識から。

 

プロダクトアウトに気を付けろ

まずは読者への奉仕の気持ちを大切にすること。読者の求めるものではなく、書く側が「この内容みなさんの役に立つでしょう!」と書く側の事情を優先しては読むには至らないのです。読者が「この記事使える!いいこと知った!」と思ってもらうことを想像して書きましょう。

 ã¤ã³ã¿ã¼ãããä¸ã§æ­åãã人éã®ã¤ã©ã¹ã

 

みんなが読む記事はない

現代は価値観の多様化が進んでいます。読者みんなが同じ情報を欲しているわけではありません。ターゲットを小さく決めましょう。

 

捨てよう。絞り込もう

言葉の通りです。少しでも多くの読者を取り入れようと内容をたくさん盛り込むことや、曖昧な内容にはしないこと。徹底した方向性を絞り込む勇気を持つことです。

 

半歩先の情報にしよう

これから読者が欲するであろう情報を提供する。これから公開の映画や新商品はどんなものか調べてみる人がいるはず。そんな少し先読みした内容を考えましょう。

 

自分の強みを生かす記事づくり

実践編に入ります。まずは分析をすることから始めましょう。新商品開発の手法をブログ記事作成の手法に変換すると、分析することは以下になるでしょう。

 

  • SNS上ではどのような情報が欲しがられているか?
  • 自分がどんなことが得意であるのか?
  • 自分の得意な分野の他のブログの状況はどうか?

f:id:maisana:20190703121851p:plain

 

トレンドを捉えよう

世の中で、SNS上でどのようなことが話題になっているか捉えることから始めましょう。大きな流れは繰り返されます。少し前に話題になったことや考え方はもう一度トレンドになるかもしれません。ここで自分が得意な情報が絡められればラッキーです。

私は正直、SNS上、特にTwitterのトレンドを捉えるのが苦手です。

 

自己分析しよう

自分が持っている情報、得意な分野が何かを把握する。続いて、その得意分野の読者を特定していこう。それができたならば、自分はどんな記事を書いて読者にメリットを与えられるか方向性を決めよう。

 

他のブログ調査しよう

自分が記事にしようとした分野の他のブログがどれくらいあるのか把握しよう。有名なブロガーさんはチェックしよう。あとは、企業の記事があるかもチェックしよう。企業が作っているカッコイイ記事は当然強敵ですよね。

これらの情報から少しでも独自性が出せる方向を見つけよう。

 æ¢åµã®ã¤ã©ã¹ãï¼å¥³æ§ï¼

 

ニーズとシーズ

読者が欲しているもの(ニーズ)とあなたの得意なこと(シーズ)が絡まるようにしていきましょう。ただ、残念ながらブログの場合は読者が欲しているものは自分で調査するか想像するしかないですよね。自分でひねり出すしかなさそうです。

 

仮説・テーマを設定しよう

1つテーマを決めて、読者が欲しているだろうものの仮設を3つくらい立ててみましょう。例えば、テーマ「勉強」、仮設「自宅で勉強」「カフェで勉強」「集中して勉強」みたいな。(これは私が書きたいので真似しないでくださいねw)

 

ニーズを満足させるアイデア

ここからが新商品開発の手法の見せどころな気がします。ニーズを満足させる、つまり読者が欲する情報が書いてある記事を生み出しましょう。良い記事の作り方は、ターゲットを絞り、そのターゲットに向けてあなたのアイデアを発信することなのです。

 

ターゲットの明確化

年齢、性別、職業、所得、居住地域などを明確にしましょう。細かく設定してもインターネット上には適合者がたくさんいるはずです。

 

ターゲットの生活をイメージ

プロフィールを特定できたら、その人になりきって考えることが良いです。その人はどんな場所で、どんなことを思っているのか、その人になりきってリアルに想像しましょう。さぁ、あなたは女優よ!w

 å¥³åªã®ã¤ã©ã¹ã

 

アイデアを発想する

ターゲットがイメージできたら、その人を満足させるアイデアを考えましょう。アイデアはまず量です。くだらなくてもいいから、とにかくたくさん書き出して箇条書きしましょう。それらを組み合わせてみたり、グループ分けしてみたりしてオリジナルなアイデアを生み出しましょう。

(ここはまた別の記事で詳しく書きたいかも。)

 

アクセスUPの計画

記事作成には様々な考え方がありますね。サイトのデザインが重要なのか、情報の価値が重要なのか。新商品開発の手法からするとそんな考え方はナンセンスです。どちらも満たす最高のものを作りましょうです。

 

サイトをデザインする

これはセンスなので本気ならばプロにお願いしたいところです。ただ、私のようにブログ初心者で本気で稼ぐつもりもない人にはムリな話です。ですので、自分の特性に合ったコンセプトだけ持っておきましょう。シックなのか、英国風なのか、和風なのかとか。

 åçSNSã®ãã¬ã¼ã ç´ æï¼ã¦ã§ããµã¤ãï¼

 

5W1H

よく聞きますよね。これも利用しましょう。何を(WHAT)はこれまでに考えてきたことです。なぜ(WHY)、どこで(WHERE)、誰が(WHO)、いつまでに(WHEN)、どのように(HOW)その記事を利用するのか。ターゲット同様しっかり考えましょう。

 

タイミングが重要

バズるのには運もあるという人がいる。きっと何かのタイミングがよかったのでしょう。「SNSは秒の世界」(Fromゆうこす)。ターゲットがネットサーフィンしていそうな時間に記事をUPしましょう。

 

ブロガーとしてのマネジメント

日常的に情報を収集しよう

日常的に情報を収集するクセをつけよう。新商品開発では「ヒト・モノ・バ」なのです。

ヒト・・・SNS上での出来事など。

モノ・・・新しく出た新商品、飲料食料、文房具、家電など。

バ ・・・期間限定イベント、季節ものなどの情報。

 æ¢æ¤å®¶ã»èå¤å­¦èã®ã¤ã©ã¹ã

 

テンプレの確立

良い記事が書けるようになったら、その記事を量産するためのテンプレを確立しよう。

これはオリジナルでも良いですし、先輩ブロガーを参考にしても良いでしょう。

先輩ブロガーのまなぶさんの記事からお借りしちゃいましょう。

manablog.org

 

評価

いくつか記事を書いてみて、記事それぞれ「アクセス数多い、少ない」「検索流入多い、少ない」など自分なりに分析を進めよう。本格的に進めたいのならば、プロにコメントをお願いするのが良いのかもしれませんね。

 

あとがき

とにかく学んだことをアウトプットしていきました。

これ、読む人が読んだら私が受けてきた講座の先生が誰だかわかっちゃいそうなきがする。

書き出しては見たものの、私自身も実践しきれるか心配な部分もありますね。

 

これから私もこの記事を参考にバズる記事を作成しますw

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

うまく使って頂けたら幸いです。